忍者ブログ
中国株の動きにつながるかもしれない産業技術(テクノロジー)・動向の中で個人的に気になるニュース&世間で流行中の財テク(この言葉自体は死語ですな)&旅行中のテクテクを素材にします
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同じく先週の土曜日のこと.

六本木に行く用事というのは,土曜日から始まった 「韓流シネマ・フェスティバル2007 ルネサンス」に行くためでした.
今回のネタはこの映画を見たときのことです.

今年の上映映画館は“シネマート六本木”というところなんですが,私はあまり好きではない映画館です.座席(シート+α)の面積は狭くないのですが,シートの座り心地がしっくりこないのがイヤなんですよねえ.すぐお尻が痛くなります.

....という映画館へのグチが出たついでに,「韓流シネマ・フェスティバル」の話題からは少し離れますけど,ついでにいま現在の“韓流”についてちょっとお話しましょう.


振り返ると数年前の「冬ソナ!オマエ何回目の再放送やねん!」の頃が間違いなく韓流ブームのピークでして,その頃の“ヨン様おばさん人口”に比べると,現在の“韓流おばさん人口”は確実に減っているでしょう.しかし絶対数は減ったとしても,“韓流”にお熱を上げている年齢層は広がっていますねえ.これは韓国のアイドル・アイドルグループの日本進出が大きな原因になっていることは間違いないのではないかと思います.

実は“ヨン様以前”または“ヨン様直後”にも,韓国のアイドル・アイドルグループやアーティストは日本に進出していたのです.かなりの有名どころ(例えばSESやSugarやJEWERYなど)も日本で活動して成功しようとやって来たのですが,その頃にやって来て成功した(成功している)と言えるのは,正直なところBoAだけでしょう.私が好きな紫雨林(ジャウリム:JAURIM)も,マニアには知られていると思いますし日本でもライブハウスでのコンサートなんかやりましたけど,残念ながら成功とまでは行っていないと思います.....(-_-;;)
※スージー・カン(カン・スジ:강 수지)は,韓国では高い人気と実力を持つ歌手としても知られていたのですが,日本では歌手活動は精力的ではなかったので除きます.

以前に韓国からやってきたアイドルたちは,ほぼすべて女性だったんですよ.
私が思うに,そこが日本で失敗した原因だったのではないかと.
つまり“いくつになってもロリロリ好みの萌え萌え~”の男性が,日本の女性アイドルたちをしっかり支えているわけですが,韓国からやってきたアイドル・アイドルグループは“ロリロリ萌え萌え”に受け入れてもらうには,やや発育しすぎた,女性の色香が出始めてしまっていたと言うわけです.

別ルートとして,歌唱力がある女性アーティストたちもやっては来たのですが(例えばパク・ファヨビやイ・スヨンなど),やはりどうしても言葉の問題があるのかなあ.....(もちろん日本語で作った歌もあるんですけど).
韓国ではバラードなど,聞かせる歌でいくら人気が高くても,日本ではカラオケでエンドユーザー自身がノリノリまたはその気になって歌える歌をリリースしなければ,火が付きませんよね.いくらメロディラインが優れていても,今の日本の音楽業界の構造だと,ヒットはむずかしいでしょう.もっとも,浜崎あゆみなどの歌の歌詞に立派な意味があるなんて,私,思ってません.
“♪ い~つか~ だ~れかが~ どこかで~ あ~ あなたが~ 私を~ 愛していた~ あの頃~”なんていう最大公約数的な感じで薄っぺらい歌詞の中身を進行すれば,どの歌も同じですよね.(^-^;;)
(私は浜崎あゆみの歌が自分の好みではなく,また彼女の歌を私はこのように捉えているということでして,別に彼女の人間性を否定しているワケではございません.この点,混同なさいませんように)

それに対して,最近やって来たアイドルグループはほとんど男性です.
神話,SS501,SG WANNA BE,SE7EN,ピ(Rain)あたりは韓国でも人気トップグループですが(韓国マニアとはいえ,オッサンの私も意外とよく知っているでしょ?何の自慢にもなりませんけど),もしかしたらみなさんも日本のTVで見たことあるかも知れません.
これら男性アイドルを追いかけるのは,もちろん女性です.将来のおばさんもいれば,現在すでに立派なおばさんも,この韓国アイドル達を追いかけてますよ.ホント,傍目から見ると気色悪いくらいの熱意です.(^-^;;)
この点,ヨン様の成功例を分析しつつ,過去に失敗した戦略を変更した跡がうかがえるというものでしょう.

また同時に現在の“韓流おばさん”は一過性のブームを乗り越えてきたことで,すでに世間に対してかなりの耐性を持つ生物です.よってその生命力は筋金入り.ヨン様の枠を超えていろんな韓国ドラマや映画を見まくり,それぞれにお気に入りの俳優さんを見つけています.その情熱はかなり強烈でして,普通の韓国マニア?&映画好きのこちらが迷惑するほどです.(^-^;;)

.....以上,「hwasaengの“韓流,ちょっといい話”」でした.(^-^;;)

話を映画にもどしますと,韓流シネマ・フェスティバルは今年で3回目ですが,これまでの新宿の映画館よりもキャパがかなり小さくなりました.まっ,クソミソがやってきた大きなブームは去ったので,これくらいでちょうどよいでしょう.
しかしながらブームが去ったとはいえ,上述のように現在も“韓流おばさんは強烈な生命力で活動を続けておりまして,私が六本木駅から映画館に行くまでの間にも,韓流団体おばさんさんが一列に並んで映画館を目指している光景に遭遇しました.ちょっと異様でした.(-_-;;)

今回は全21作品の上映ですが,私が 中山エミリさんの手下に心配されつつ現在チケットを買っているのは12作品です.
21作品の中には,すでに韓国または日本で見たことがあるものが含まれておりまして,実は私が今回見る予定の12作品の中にも,すでに韓国で見てしまった作品がいくつかあるんです.(^-^;;)
でも字幕付きでもう一度見たいなあと思ったので,あえてチケットを買いました.

1本目を見た後,2本目の開場まで空き時間があったので映画館入り口前のロビーで待っていると,入り口にハングルで“인성:インソン”と書いた手作りのうちわを持っている,いまどきファッション&ややオツムがユルそうなギャルを発見.どうやら,今日の夕方に舞台挨拶にやってくる俳優,“조 인성:チョ・インソン”目当てのようです.
すると私の近くにいたおばさん集団4人の中のやや太めの1人が,そのギャルに歩み寄りました.
以下,その時にこちらまで聞こえてきた会話を書いてみますと.....

おばさん:チョ・インソンのファンなの?
ギャル:はい!もう,すっごいファンなんです.
おばさん:ふ~ん.(“インソン“”とハングルで書かれたうちわを見て)これ,自分で作ったの?
ギャル:はい.手作りです!
おばさん:スゴイ熱心だわねえ~ どこが好きなの?
ギャル:涙もろいところっていうかぁ......なんか素直なんですよね.
 ※涙もろくて素直って,オマエ本人に会ったことあるのか???
おばさん:へ~ よっぽど好きなのねえ~ いくつなの?
ギャル:21です.まだ若いですよ!
 ※うむ.化粧がやや濃いめだから,オッサンはもうちょっと上かと思ったぞ,キミ.
おばさん:今日はどっから来たの?
ギャル:長野です!今日来ました!
おばさん:あっら~ わざわざ? 情熱的ねぇ~

ということで,初対面なのに“韓流つながり同士”というのはうち解けるのでしょうか,なかなかに会話が弾みまして,おばさんが仲間の元に帰ってきてひと言.
「いや~ 情熱的よねぇ~ すごいわ~」

いやいやいやいや.....(-_-;;)
おばさん,あのギャルは21歳だから,あのくらいの行動は理解できる範囲なの.一昔前まで欧米のスターに向けられていたようなものが,今はたまたま韓国のスターってだけ.
それよりも推定50歳を過ぎているであろう,韓流おばさんたち!
“韓流”ということで映画に出掛け,DVDを買い,ダンナを残してツアーにまで行っちゃう方が,よっぽど情熱的で理解可能な範囲を一部超えてますから!

なお,私が2本目の映画を見終わって出てきたら,チョ・インソン目当ての“韓流ネーチャン&韓流おばさん”が,そこら中にウジャウジャといらっしゃいましたが,係員の誘導によってお行儀よく整列なさっていらっしゃいました.(^-^;;)
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの  Customized by hwasaeng
Copyright © [ Tech Tech Bricolage ] All Rights Reserved.
http://techtech.blog.shinobi.jp/

Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
HN:
hwasaeng
性別:
男性
職業:
コテーター(フリーターの対語)
趣味:
おとっつぁん,それは言わない 約束でしょ
Access Counter   (since 2007.07.13)
QR Code
e.t.c....
忍者ブログ | [PR]
Clock
Search in this Blog
Links
Contact Me