忍者ブログ
中国株の動きにつながるかもしれない産業技術(テクノロジー)・動向の中で個人的に気になるニュース&世間で流行中の財テク(この言葉自体は死語ですな)&旅行中のテクテクを素材にします
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末にアップしたかったのですが,諸般の事情によりだいぶ遅れました.
申し訳ないです.
ここからの24時間は“普通の観光客”に近い行動パターンで,ジタバタ回ったところです.

7/6
13:00頃
ツアーのみなさんと一緒に“京味面大王”での昼食後,近くの地下鉄駅前まで送ってもらい,ここからは私と同様(私以上か?)な韓国マニアのchame兄との二人旅です.


・世界遺産の天壇公園を見学
 ※後日のエントリー記事で写真をもう少し載せる予定

全体図です.
天壇公園全体

天壇公園は北京オリンピックのマラソンコースの5km付近に組み込まれているようで,“公園内”がコースの一部になっています.

長廊(長い回廊)ではみなさん避暑目的での休憩が中心のようでしたが,基本的には思い思いの事をなさっていました.
天壇公園長廊1

音楽を掛けて踊るグループと,小さく写っていて見づらいですが衣装にも凝っているじいさんが1名.
天壇公園長廊2

祈年殿です.暑さのためでしょうか,日曜日の午後という観光には絶好の時間帯であるにも関わらず,人出はそれほどでもありませんでした.
祈年殿

皇穹宇です.
皇穹宇

天井も柱も美しく彩られています(ちょこっと手ブレで申し訳ないっす).
皇穹宇天井

皇穹宇の後ろ,右下に少しだけ写っているのが,その前で小声でささやいても壁伝いに反響して60m先まで聞こえてしまうという回音壁です.実際にやってみている子供たちがいましたけど,どうやら聞こえなさそうでした.というか,そもそもやっている距離が数mしか離れていなくて近すぎでした.(^-^;;)

圜丘壇へ
圜丘壇

大理石で出来ていて,中央の階段の段数や欄干の数は,すべて9の倍数になっているそうです.
...ってことは,数えるとアホになれますよね.
日本の小学生のみんな!
天壇公園の圜丘壇に行っても,階段の段数や欄干の数は絶対に数えるなよっ!
kakakakakakakaka~~~

それからついでに日本の小学生のみんな!
天壇公園の中で「てんだんこ~えん,ぱ~きんぐ~~~っ!」と叫ぶなよっ!
“パーク”は公園だけど“パーキング”は駐車場のことだから,基本的なところで間違ってるぞ.
kakakakakakakaka~~~

というくだらない話はこれくらいにして,圜丘壇の中心(ちょっと高くなっている部分))に立ちたい人々.
圜丘壇中心

その昔は王が中心に立ち,その年の出来事を天に直接報告した場所だということなので,みんな中心に立ちたいんです.なお,ここでも日傘代わりの雨傘が咲き乱れております.

chame兄と私も交代で立ちました.せっかくの中心なので愛を叫びたかったのですが,オッサンが愛を叫んでも暑苦しいだけなので「あ゛~~~~~~っ!」と叫びました.
まっ,特に叫ぶ相手も思い浮かびませんし...(T-T)

なお叫び声の瞬間の我々の姿ですが,いい年したオトナですから分別を持って写真撮影などはございません.(^-^;;)


・荷物を引き取りに行かず,延泊先のホテルでチェックインだけを先におこなう

今回延泊で利用したのは,NOVOTEL XINQIAO BEIJING(北京新僑諾富特飯店)です.
※ホテルの詳細レポートは,国貿ホテルとともに後日エントリー記事作成予定

旅行前にchame兄と2週間くらい「どのホテルにするか?」を相談していましたが,どこも「帯に短しタスキに長し」で,口コミや利用者のHPやブログを見てみると一長一短なんですよねえ.最終的にこのホテルに決めた理由は,「エアコンが確実に動くだろう」というランクの中から,地下鉄の駅(2号線と5号線の乗換もできる崇文門駅)から近い(さらに地下鉄の北京駅は崇文門駅の隣)ということと,温泉が部屋まで来ているという点でした.

なお,とある“ホテル口コミ掲示板”で「チェックインでは大行列ができて1時間くらい掛かることもある」という書き込みがあったりしたのですが,実際のチェックイン時には私の前に一人いらっしゃったものの行列はなく,手続きも5分程度で終わりました.


・世界遺産の頤和園を駆け足で見学
本日2カ所目の世界遺産です.
地下鉄13号線の五道口駅からタクシーで行きましたが,30元くらいでした.

“ブーブー”の【37発目】に出てきたCITROEN ZX(後期型)のセダンタイプです.
タクシー

さてタクシーの利用心得ですが,我々はヒロポンさんから事前情報として「市内移動は普通の利用で,どこでもだいたい40元以内だと考えておいてください」「支払い時にはレシートを必ずもらってください」という2つのポイントを教えていただいておりました.
この情報は大変助かりました.
ヒロポンさん,ありがとうございました.m(_ _)m

ゆっくり全部を味わいながら見たかったのですが,到着したのが16:50くらいだったので園内で入れないエリアもあり,そもそも頤和園はアホみたいに広いので残念ながら見られないところがいっぱいありました.
(時間遅いので,「園内の別料金をたくさん見られるセット券」も売ってくれなかったんです)
 ※後日のエントリー記事で写真をもう少し載せる予定

頤和園1

頤和園2

出迎えのチョッパー(by ONE PEACE:集英社 週間少年ジャンプ)
頤和園3

これが中国最大の生命保険会社,香港証券取引所での証券コード02628.HKの中国仁壽保険...ではなくて,“仁壽殿”です.
頤和園4

元々は“勤政殿”という名前だったのだそうですが,英仏連合に焼き払われた後に再建された際に,“仁壽殿”と改名されたとのこと.ちなみに名前の由来は「論語」“仁は壽なり”からだそうです.

17:00頃だったので,徳和園はすでに中に入れない時間.
頤和園5

昆明湖(元々は天然湖だったそうですが,人工的に大規模に拡大)です.
頤和園6

南湖島と東岸を結ぶ十七孔橋が遠くに見えておりまして,橋の欄干にはそれぞれポーズの異なる544匹の獅子がいるらしいのですが,そんなところまで行く時間的余裕はなく...

でもって,この昆明湖を拡大する時に掘った土で造ったのがこれ,万寿山というワケですな.話のスケールがデカすぎ.(-_-;;)
万寿山に建つ仏香閣が美しいです.
頤和園7

この写真では残念ながら逆光になっていてヒジョーに見づらいので,排雲門前から撮影した仏香閣もどうぞ.
頤和園8

排雲門前には立派な獅子がおりました.これもデカい.
頤和園9

ちなみに園内にはたくさんの建物がありますが,各鑑賞ポイントの解説文にはだいたいどれにも「英仏連合軍により焼き払われた」と,しつこくしつこく書いてあります.(^-^;;)

西太后はこの公園がスゲーお気に入りだったので,軍費を流用してまで英仏連合軍に破壊されまくったこの庭園を,せっせと修復させたそうです.でも流用した費用があまりにも巨額だったので清朝の財政が悪化してしまい,これが清朝滅亡の原因(の1つ)ともなったらしいです.
おばちゃん,公園修復のためにそんなに使うなっ!ちゅうに.

頤和園にも天壇公園と同様に長廊がありましたけど,さっきの天壇公園よりもやや細い(狭い)ことがわかります.
頤和園10

“沈まない王朝”を象徴した清晏舫(石舫=石の船)です.これまた英仏連合軍により上部が破壊されたので,“流用女王”こと西太后が西洋風に変更して修復.
頤和園11

清晏舫から少し進んだところに,蘇州街まで行ける船がありました.8元だったかな?
歩くと少し遠そうでだったので,時間節約のために乗ってみました.
頤和園12

エンジン付きだろうと思っていたら,なんとおじさんの手こぎ.(^-^;;)
頤和園13

蘇州街とは庶民の行く普通の商店街に買い物に行けなかった皇帝が,“買い物ごっこ”を楽しむために蘇州の街並(商店街)を園内に再現したものです.
“東武ワールドスクエア(蘇州のみだが原寸大)”ってところか?(-_-;;)
頤和園14

堀に沿ってお店が並んでいます.通路部分が狭くて石もやや滑りやすいのに,柵がないので危ないですよ.
茶屋やお菓子屋や小間物屋などがあってそれらの店の人も往時の服装でいるそうなのですが,時間が遅すぎで全部閉店していました.(T-T)
頤和園15

帰りはバスを利用したのですが,これがスゲー時間が掛かってしまって大失敗しました.夕方(夜)のラッシュアワーだったこともあるのですが,そもそも混雑しやすいルートだったようです.


・最初に泊まった国貿ホテルへ預けていた荷物を取りに行く(予定では18:00だったのに,20:00過ぎました)
なんとなくホテルに戻ると我が家へ帰ってきた感じがしましたが,そんな風に感じたその日にお引っ越しでございます.(^-^;;)


・頤和園に行く前にチェックインしていたNOVOTEL XINQIAO BEIJING(以下,ノボテル)に荷物を持って帰還後,北新橋の“裕徳孚”にて夕食

北京の夜は銀座並みに早いようで,“決定版 北京グルメガイド 講談社北京文化有限公司編(講談社)によると夕食は21:00や22:00までというお店が多かったのですが,この時すでに時刻は21:00近く....(^-^;;)
それで閉店が翌朝4:00までで,地下鉄5号線北新橋駅にからも近そうな“裕徳孚”に行きました.
裕徳孚1

ここは羊肉しゃぶしゃぶの店です.
裕徳孚2

裕徳孚3

高級でもなく広くもない,どちらかというと小汚いお店ですが,北京滞在中で一番接客に好感が持てる飲食店でした.接客担当の若い女性も羊肉スライス担当の男性も,笑顔があってやさしく丁寧に接してくれました.
裕徳孚4

chame兄と2人で羊肉と内臓系とお茶を注文して,全部で89元也.
裕徳孚5

裕徳孚6

裕徳孚7


・そのまま天安門&天安門広場のライトアップ状態をチェックに行く
う~む...確かに電灯は付いているのですが,“ライトアップ”とは呼べませんなあ.(-_-;;)
夜の天安門1

前日の夜に行った東堂こそ“ライトアップ”でした.

ついでに天安門広場も激写.
夜の天安門2

まっ,これもどうということはありません.
照明がもったいないような気もしますけど,天安門とか人民大会堂の真ん前が真っ暗だと,それはそれで物騒だとも思うし.(-_-;;)

天安門広場に面している敷地で“中国国家博物館”が建設中です(この隣に警察署があります).
正面に置いてあったオリンピックまでのカウントダウン時計が夜にはとてもキレイでした.
夜の天安門3

あ,よく見ると時計部分はOMEGA製なんですね.


ここですでに地下鉄の終電が終わってしまいました.
タクシーで帰っても良かったのですが,どこ行きかわからないですけど大通りには路線バスがまだ走っているのを目にしたので,バス停で崇文門行きのバスルートが存在することを確認.とりあえずバスが来るかも知れないので待ってみることにしました.
「23:45を過ぎたらタクシーで帰ろう」と時間を区切って待ったところ,23:42くらいにバスが来ました.ナイスタイミング~~~ッ!

さっ,明日の行動も朝早いよ!(^-^;;)
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 無題
おはようございます。
お~天壇公園だ!頤和園だ!
ちょうど去年の夏休み訪問していました。
弾丸ツアーだったので、ゆっくり見て回れていません。
次の機会?があればもう少しゆっくり見ていたいです。

ちなみに皇穹宇は現在SNSのプロフィール写真に使ってます。
福清漬 2008/08/07 08:30 *edit
Re:広すぎますからねえ.^^;;
福清漬さん,こんにちは.
書き込みありがとうございます.m(_ _)m

福清漬さんも去年の夏に北京をご旅行なさったんですね.

>弾丸ツアーだったので、ゆっくり見て回れていません。
>次の機会?があればもう少しゆっくり見ていたいです。

どこを見るにしても,とにかく中国は広すぎますよね.(^-^;;)
もうちょっとまとまっていると,見る方としては助かるんですけどねえ.
ははは.

>ちなみに皇穹宇は現在SNSのプロフィール写真に使ってます。

あ,なる~るほど.キレイな建物ですよね.
hwasaeng 2008/08/07 12:02
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの  Customized by hwasaeng
Copyright © [ Tech Tech Bricolage ] All Rights Reserved.
http://techtech.blog.shinobi.jp/

Calendar
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
HN:
hwasaeng
性別:
男性
職業:
コテーター(フリーターの対語)
趣味:
おとっつぁん,それは言わない 約束でしょ
Access Counter   (since 2007.07.13)
QR Code
e.t.c....
忍者ブログ | [PR]
Clock
Search in this Blog
Links
Contact Me